旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

さくらんぼ

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



【ラスト1円オークション】これで本当に最後!!今年のさくらんぼオークションの締めくくり!【...

今日は、さくらんぼをご紹介させて頂きます。

さくらんぼは,6~7月の限られた時季にしか出まわらない季節感あふれる果実です。

透きとおるようにきらきら輝く姿は,しばしば宝石に例えられ「赤い宝石」「初夏のルビー」などと呼ばれたりします。



―――【特徴】――――――――

「さくらんぼ」という呼び名は、「桜桃(おうとう)」の愛称です。

正式な名称は「西洋実桜(せいようみざくら)」と言います。「桜坊」「さくらんぼう」とも呼ばれます。

日本では、東北地方、北海道、長野県などが主な産地です。中でも最も収穫量の多いのは山形県で、日本の生産量全体の7割以上を占めます。

4月頃白い花を咲かせ、6~7月に黄赤色や濃赤色の小さな実をつけます。旬が限られている季節色豊かな果物です。

さくらんぼは中心にかたい種があるため、あんずやももなどとともに「ストーンフルーツ」と呼ばれます。これらの果実はみんなバラ科の親戚です。


―――【旬】―――――――

さくらんぼは保存がきかないのですが、旬がはっきりしている果実です。

国産品は6~7月上旬頃にかけて出回ります。
品種によって収穫時期が、多少異なります。

輸入ものは5~8月にかけて、主に「アメリカンチェリー」の名で出回ります。

栽培に手間がかかるのでどうしても高値になり、5月の初夏の頃には一粒数千円の初値がついて、しばしばニュースで取り上げられたります。

一番安く売られている時期が、6月中旬~下旬にかけてと言われているので、食べる時期をのがさないようにしてください。


―――【種類】―――――――――

さくらんぼの品種は全世界で1000種を超えると言われています。

大きくは、3系統に分けられます。

①甘果桜桃(かんかおうとう)または西洋実桜(せいようみざくら)
②酸果桜桃(さんかおうとう)または西洋酸実桜(せいようすみのみざくら)
③中国桜桃または支那実桜(しなのみざくら)



このうち、日本で栽培されているのはほとんどが甘果桜桃です。酸果桜桃はほとんど加工用に用いられます。


現在日本で栽培されている品種は約30種類ぐらいだそうで,
甘果桜桃の主な品種は、ナポレオン、黄玉、佐藤錦、高砂、ジャブレー、レイニア、などです。


―――【食べ方】―――――――――


生で食べる他に、ケーキやババロアなどの菓子の飾りにしたり、ジャム、コンポートなどに加工します。

ピュレにして、アイスクリームやソースなどにもします。


加工品には、缶詰めや砂糖漬けにしたマラスキーノ、ドレンチェリー、クリスタルチェリーなどがあります。


また、さくらんぼを原料としたお酒、キルシュ(キルシュワッサー)やマラスキーノなどがあります。


さくらんぼ「紅秀峰」2Lサイズ 1kg0626祭10
さくらんぼ「紅秀峰」2Lサイズ 1kgいかがですか?



2006/06/27

スポンサーサイト

あんず

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



長野県千曲産生食用あんず(ハーコット)大粒2kg
今日は、夏が旬の「あんず」をご紹介させて頂きます。


―――【特徴】――――――

果実は、梅に似ていますが、梅よりも大きく、赤みのある黄色をしています。


生のあんずは、果汁は少ないですが、独特の芳香と甘酸っぱさがあり、梅に似たさわやかな味がします。


あんずは、軟化しやすいので、生で食べるよりも、加工品としての利用が多いです。


種は杏仁(きょうにん)といい、杏仁豆腐などに使用します。


漢方ではゼンソクやせき止めの治療に使います。


あんずは、梅雨の時期に熟すので7月が旬です。



―――【料理法】―――――――

干しあんず、缶詰め、ジャムなどに加工して、製菓材料として利用します。


シロップ漬けにしたあんずに、水飴をかけてあんずあめにしたり、生の物をあんず酒にしたりします。


タルトやムース、ピュレにしてソースにしたり、杏仁を使い杏仁豆腐にしたりします。



―――【選び方】―――――――


※生食には、完熟して赤みの濃い少し柔らかめの物が食べ頃です。


※ジャムやシロップ漬けにする物は、少しかための物を選びます。


―――【原産地】――――――


原産地は中国東北部で、紀元前3000~2000年頃から、栽培されるようになったと、言われています。


アジア、ヨーロッパと伝わり、品種改良されて、14世紀にイギリスに渡ります。


18世紀には、アメリカのカリフォルニアに伝わり、世界一の生産国になりました。


生食用の希少品種あんず【ハーコット】信州産の大粒の生【あんず】 2kg入荷は6月下旬~7月上旬...
生食用の希少品種あんず【ハーコット】信州産の大粒の生【あんず】 2kg入荷は6月下旬~7月上旬...



2006/06/19

すもも(李)

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



プラムの晩成品種・秋姫 6個化粧箱入り
今日は、今が旬の「すもも」をご紹介させて頂きます。


すももは、熟す前ですと果肉がかたく、熟すと果肉がやわらかくなります。

香りはあまりないのですが、果肉はとってもジューシーです。

アメリカへ日本種が持ち込まれて、品種改良の親木となっているのが、プラムです。


―――【品種】――――――――


原産地が中国や日本の「日本すもも」、ヨーロッパ・西アジアの「西洋すもも」、アメリカ大陸の「アメリカすもも」の三種に大別されます。

日本で流通するのは、「日本すもも」「西洋すもも」であります。


旬は、6~7月に出回ります「ソルダム」、「サンタローザ」、「ビューティー」、「大石早生(わせ)」、「プルーン」などがあります。


他に、旬が8~9月の晩成種、「甲州大巴旦杏」があります。



―――【料理法】――――――――


生で食べる他に、甘煮、ジャム、ゼリー、果実酒、缶詰めなどにします。


赤ワイン煮や肉料理のソースの風味つけ、などにもします。


すももの酸味は主に、リンゴ酸とクエン酸です。


ペクチンの含有量も多いです。



―――【選び方】―――――――――


※皮に白い粉がふいているものや、程良い弾力がある物がよいです。


※果皮の色づきのよいものがよいです。


※未熟なものは酸味が強く、ペクチンも多いのでジャムに適しています。



―――【歴史】――――――――――


すももの歴史は古く、『古事記』・『万葉集』・『日本書紀』などにも名前が出ているほどです。


歴史としては古いのですが、酸味が強くて食べにくいためか、長い間品種改良もされなかったです。

明治時代になってアメリカに渡り、多くの品種が生まれたそうです。


日本には、大正時代に品種改良されたものが逆輸入されて、各地で栽培されるようになったそうです。


お中元におすすめ!大きさに驚き!高級プラム・貴陽(化粧箱入り)発送期間:6月25日以降~
お中元におすすめ!大きさに驚き!高級プラム・貴陽(化粧箱入り)発送期間:6月25日以降~、いかがですか?



2006/06/18


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログNEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。