旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

蛸(たこ・タコ)

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆




▲クリックしてみてください▲

今日は、「蛸」をご紹介させて頂きます。

この上の写真は、生の真だこの足です!!

たこは、弾力があり、シコシコした歯ごたえのある、淡白なうまみを持っていますよね。
ゆでると身がシャッキリしていますね。

日本では馴染みのあるものですが、世界ではイタリアで食べています。
他の国々では、ほとんどタコは食べません。



タコは、世界各地で200~250種類が、分布していると言われています。

日本には、30~40種類が、分布していると言われています。


日本で穫れるタコでは、真だこ、みずだこ、いいだこ、手長だこなどが有名です。



―【真だこ】―

タコ類の中でも、一番うま味が濃く、流通の面でも多いです。

真だこの味は一年を通してあまり変わりません。

産卵期は5~8月です。
九州や瀬戸内海あたりでは6~7月、千葉県より北では、11~12月が水揚げの最盛期です。


体色は環境に応じて変えますが、通常は黄褐色や赤褐色をしています。

岩礁地帯や砂地にすんでいて、日本近海では宮城県より南から台湾にかけて生息しています。


―【料理法】―

真だこは、主にゆでて刺身や酢の物、すしだね、煮物、たこ焼きなどに使われます。
野菜や魚介類とあわせて、サラダにしたり、マリネにもします。

新鮮なものは、生のまま食べます。食感がいいですよね。
主に、たこわさ、和え物、酢の物、刺身、すしだねで食べます。

加工品もあります。生干し、干しタコ、塩だこ、酢だこです。
真だこの卵巣の海藤花(かいとうげ)も珍重されています。



※調理のポイント

生のままのタコは、下ごしらえで塩もみをするときは、充分にもみます。
ここで手を抜いてしまいますと、吸盤の中の汚れやぬめりが残ってしまいます。

ゆでるときは、お茶、大根、小豆、大豆、小麦などと一緒にゆでますと、風味がまして身のしまりが良くなります。
柔らかく煮たい場合は、塩でもむとかたくなるので、水洗いだけでゆでます。


スポンサーサイト



2006/05/28


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。