旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

ししゃも(シシャモ)

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆




▲クリックしてみてください▲

今日は、市場で見かけました「ししゃも」を、ご紹介させて頂きます。


この写真の「ししゃも」は、「樺太ししゃも」と呼ばれる物です。

よくスーパーなどに置いてある「ししゃも」と、言ったらこれですよね。(北海道以外では!)


この魚をみていると、わかさぎに似ていますよね?

「ししゃも」も「わかさぎ」と同じキュウリウオ科に属していますので、似ています。(堅苦しいですがw)



日本のししゃもは、「ししゃも」と「樺太ししゃも」の2種類です。
簡単に説明させて頂きます。



――【ししゃも】――――

主に北海道東南部に生息しています。

体長は15㎝ほどで、背部が暗い黄色、腹部が銀白色の体の色をしています。

10月下旬くらいから11月にかけて産卵期に入ると、鮭と同様に川を逆上して、川底の砂に産卵します。


稚魚は海へ下って育ち、2年で成魚になります。

北海道産のししゃもは、今ではとても貴重となっています。



――【樺太ししゃも】――――

ししゃもに似ていますが、ウロコが小さく、体長は25㎝前後ほどです。

体色は、背部が暗い褐色で、腹部が銀白色をしています。


主に北大西洋と北太平洋で漁獲されます。


ししゃものように産卵期に川を逆上することはなく、一生を海で過ごします。


現在、市場に出回っているのは、ほとんどが樺太ししゃもで、アイスランド、ロシア、カナダ、ノルウェーなどから輸入されています。


国産のししゃもよりもはるかに漁獲量が多く、価格も3分の1~4分の1程度と安いです。



本物の旨さ!北海道の天然シシャモオス 20尾
本物の旨さ!北海道の天然シシャモ!!


――【料理法】――――

生干しは、雄の場合は揚げ物に、子持ちの雌の場合は焼き物に向きます。

生干しのものは、焼いて食べたり、唐揚げにしてマリネにしたりします。

南蛮漬けにもします。



※ししゃもは、アイヌ語で「柳の葉」という意の「シュシュハム」がなまって「ししゃも」となったと言われております。




今日は、チェーン店の焼鳥屋さんに行ってきました。

ここのお店は初めて行きましたが、名古屋コーチン、比内鶏、軍鶏と扱っていました。
でも、値段の割には…でした。
生ビール2杯飲んで帰りました。

スポンサーサイト



2006/06/04


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。