旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

アボカド

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



栄養満点!健康果物!アボカド[直送]
今日は、アボカドをご紹介させて頂きます。


アボカドは、トロピカルフルーツの一つです。


果皮が、ワニの皮のようであるとこから、ワニ梨(アリゲーターペア)とも呼ばれています。


アボカドは、「森のバター」とも呼ばれています。


「森のバター」と称されるほど栄養豊富で、脂肪分が多く、ビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。


アボカドの脂肪分は、8割が不飽和脂肪酸なので、血液中のコレステロールを減らす働きがあります。
なので、アボカドは濃厚ですが、安心して食べれますよね。



――【特徴】―――――

アボカドは、洋梨に似たもの、丸形、長円形といろいろあります。
果皮の色も、黄、黄緑、濃緑、黒などがあり、種類によってもさまざまであります。


重さも品種によってかなり違いますが、日本で出回っているものは、濃緑色の洋梨形で100g前後のものが多いです。


果肉は、黄緑色でやわらかく、なめらかな口当たりで、甘みも酸味もなく淡泊な味です。


果物というより野菜の素材として使われることが多いです。

アボカドは、脂肪分が多く、アボカドオイルの原料にもされます。


原産地は中南米で、日本へは明治時代初めに、渡来してきたと言われています。


保存する場合は、5~10度が適温で、冷蔵庫ではあまり保存しません!



――【食べ方】―――――

アボカドは、緑色のものは、かたくて美味しくないですし、熟し過ぎると果肉まで黒ずんで食べれないです。


アボカドの食べ頃は、果皮がやや黒っぽい深緑色になり、軽く握って弾力があるくらいが適しています。


真ん中に大きな種がありますので、ぐるりと包丁を入れ、左右を互い違いに回すと半分に切れます。
種を取り除き、皮をむいて使います。




――【料理法】―――――

お刺身に仕立てて、わさび醤油で召し上がったり、マグロやサーモンと合わせて食べたりします。


巻き寿司のたねにしたり、生春巻きなどの具にしたり、カニやエビなどと合わせて使ったりします。

他に、サラダ、サンドイッチ、ピュレにして、ソースやスープなど、いろいろ使われます。



――【主産地】―――――

主な主産地は、カリフォルニア、フロリダ、ハワイ、メキシコ、フィリピンなどで、年間を通して出回っています。


日本では、東海、九州地方、和歌山などで、わずかに栽培されています。
味は、年間あまりかわりません!!



今日は、帰る時に大雨が降ってきたので、雨宿りをしながら軽く焼酎を飲んで帰ってきましたw
スポンサーサイト



2006/06/06


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。