旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

じゅんさい

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆




▲クリックしてみてください▲

今日は、今が旬の「じゅんさい」をご紹介させて頂きます。


じゅんさいは、特有の香り、適度な淡い酸味があり、とってもさわやかで初夏にピッタリの食べ物ですよね!!


またじゅんさいは、シャキシャキとした歯ざわり、つるりとしたのどごしを楽しむ、日本古来の珍味です。


―――【特徴】――――――――

水草の一種で、若芽を食用にします。


やや酸性の水質の池や湖沼に自生します。

自生がほとんどですが、水田や池での栽培も行われています。


長い茎と葉柄を持っていて、葉だけを水面に浮かべています。


水中の若い芽は、巻き葉になっていまして、春から夏にかけて、この若い芽と茎、花つぼみを収穫し食べます。
この部分は、ヌルミ、ヌマ、アンなどと呼ばれるゼリー状の粘質物におおわれています。


若い芽をつんでも、新しい芽が生えるので、順次つみ取って利用していきます。


小さいものほど品質がよく、粘質物が多いものほど良品とされます。



―――【歴史】―――――――

現在日本に出回っているもの原産地は、日本です。

日本では、古く(平安時代末期)から利用されていたらしいです。
古名は、「ぬなわ」です。


ほかに有名なのが、中国の西湖や太湖も名産地として知られていまして、食用にされています。



―――【主産地】――――――――

北海道から九州まで広く分布しています。

東北地方が主産地で、秋田が多く、ほかに山形、福島などです。


―――【旬】――――――――――

4~6月に一番芽が収穫されまして、6~7月に二番芽、8~9に三番芽を収穫します。
10月以降は芽に苦みが出るため、収穫いたしません!!


早どりのものほど質がよく、6~7月ごろが最盛期です。


最盛期の頃には、アク抜きの加熱加工をしたポリ袋詰めや、瓶詰めが市販されます。

塩漬けや酢漬けのものも、あります。


―――【料理法】―――――――――

わさびしょう油であえたり、三杯酢、わさび酢、生姜酢などで食べたりします。
椀だねや汁の実や、とろみをつけたスープ類に加えたり、あんかけなどにも利用します。



※調理のポイント


じゅんさいは、鮮度が良ければそのままで、あるいはアクによって褐変しやすいので、軽く湯通しして、冷水で充分さらしてから調理します。


瓶詰めは水きりしてそのまま使います。


塩漬けは塩を洗い流してから使います。


いずれの場合も、火を通し過ぎないようにして、仕上げに加える程度にとどめるのがポイントです。



秋田県産 特選 生じゅんさい
秋田県産 特選 生じゅんさい、いかがですか?



今日は、ワールドカップの日本戦を見る前に、飲みに行きま~す!!
スポンサーサイト



2006/06/12


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。