旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

わかさぎの南蛮漬け

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆






『わかさぎ』
キュウリウオ科の魚で、「わかさぎ」「きゅうりうお」と分類されています。

『わかさぎ』
体長10㎝前後で、ほっそりしていて、背が黄灰色で、腹が銀白色に光っています。

『きゅうりうお』
わかさぎの仲間ですが、体長は20㎝をこえ、ししゃもに似ています。
鮮魚のときに、きゅうりのような香りがするから、名前がつきました。

『料理法』
から揚げ・フライ・天ぷら・南蛮漬けなどの揚げ物が一般的ですが、焼き物や煮びたしにする事もあります。
(※鮮度が非常に落ちやすいので、はやめに調理をした方が良いです)



今日の料理は、『わかさぎの南蛮漬け』を、ご紹介させて頂きます。


『わかさぎの南蛮漬け』

ー材料ー

わかさぎ…20尾
片栗粉…適量
揚げ油…適量
長ネギ…適量
塩こしょう…少々

ーつけ汁ー
出汁…300㏄
砂糖…大さじ4
しょう油…大さじ4
酢…大さじ5
味醂…大さじ2
たかのつめ(赤唐辛子)…少量

ー作り方ー
①わかさぎは良く水洗いし、キッチンペーパーで水気を取ります。
そうしたら、わかさぎに塩胡椒を少々、下味をつけます。

②下味をつけましたら、片栗粉をまぶし、160~170度で、(大きさにもよりますが1~3分)揚げます。

長ネギは、好みの長きさに切り、火を通します(主に焼いたり、揚げたりですが、レンジなど使ったり、火の通し方は自由です)
火が通ったら、つけ汁につけ込みます。

③揚げているうちに、つけ汁を合わせて、鍋でひと煮立ちさせます。
ひと煮立ちさせたら、バットやタッパーに入れます。

④揚げたら、熱いうちに、つけ汁に漬け込みます。

味がしみ込んだら、出来上がり!(最低1~2時間つけ込みます)



※ポイント

①つけ汁には、レモンなどのかんきつ類を、ひとしぼり入れてあげると、味が美味しくなります。

②揚げ物の場合、最後に高温(180度前後)で揚げると、油切れが良くなります。

③揚げたてをすぐに、つけ汁につけ込むと、味が染み込みやすいです。

④お好みで、甘めが良ければ砂糖をたし、酸っぱいほうが良ければ、酢やレモンなどを入れると良いです。

⑤豆知識ですが、南蛮漬けの「南蛮」は、「ネギ」のことを言います。

定番の「わかさぎの南蛮漬け」ですが、ちょっとしたひと工夫で、かなり美味しくなりますよ!

是非、お試ししてみてはいかがですか?



今日は、わかさぎの南蛮漬けをつまみに、ビールで一杯やろうと思います。


Oisixに興味のある方!!紹介記事は、こちらからです!

テレビやマスコミでも話題!!管理人マッコリお勧めのOisixの、おためしセットは、こちらからどうぞ!



written by グルメ取寄情報管理人マッコリ
スポンサーサイト



2006/02/23


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。