旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

かさごの刺身

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆





今日は、市場で買ってきた、かさごを捌いて、かさごの刺身にしました。

今日は、『かさごの刺身』をご紹介させて頂きます。


かさごは、なかなか扱わないし、頭が大きく身が小さいので、捌くのが難しかったです。



ー捌き方ー

三枚おろし。

※三枚おろし=身・骨・身に切り分けることです。


①ウロコをきれいに掃除し、内臓を取り除きます。
取り除いたら、おなかの中をきれいに水洗いします。


②頭を落とし、おなかから尻尾に向けて骨にそりながら、包丁を入れます。


③今度は、魚をぐるっと回し、背の方に包丁を入れます。
入れる時は、包丁の先で骨にそって、少し(2~3㎝)切り込んでいきます。

※切りやすくするために、目印をつけてあげる感じです。

そうしたら、次は骨にそりながら、身を見ながら包丁を入れて切ります。
これで二枚おろしができました。


④次は②と同様に逆さまにして、おなかから尻尾に向けて骨にそりながら、包丁を入れます。


⑤そうしたら、③と同様に魚をぐるっと回し、背の方に包丁を入れます。
入れる時は、包丁の先で骨にそって、少し(2~3㎝)切り込んでいきます。

そうしたら、次は骨にそりながら、身を見ながら包丁を入れて切ります。


⑥まだ、骨に身がついているので、尻尾から頭の方に向けて、切っていきます。

※切れない場合は、骨を包丁で叩いてあげるような感じで、少しづつ切っていきます。

切れたら、三枚おろしの出来上がり!


⑦次に腹骨を切り取り、中骨を取り除きます。


⑧かさごは皮が固いので、湯引きをしました。

※湯引き…主に皮に熱湯をかけて霜降りの状態にする事です。(身を熱湯にくぐらせて、霜降りの状態にする事。)

※皮が嫌いな人は、取り除いてあげれば良いです。

皮のはずし方→尻尾の皮を手でもち、包丁をまな板につけるような感じで、尻尾から包丁を入れていきます。

※包丁を入れる時は、包丁の刃を上手く使うことです。
切るのが難しいので、左右に包丁を動かしながら少しづつ切っていけば、良いと思います。


⑨次に身をそぎ切りにして、盛り付けます。
出来上がり!

盛り付け方は、お好みです。


私は、ポン酢で召し上がりましたが、わさびしょう油や、ショウガしょう油など、お好みの食べ方で、食べられたら良いと思います。


今日も私は、かさごの刺身をつまみに、日本酒を飲んでいます。
うわぁ~、こりゃあたまりませんな~


Oisixに興味のある方!!紹介記事は、こちらからです!

テレビやマスコミでも話題!!管理人マッコリお勧めのOisixの、おためしセットは、こちらからどうぞ!


written byグルメ取寄情報管理人マッコリ
スポンサーサイト



2006/03/13


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。