旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

のれそれ(アナゴの稚魚)

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆






今日は、市場で「のれそれ(アナゴの稚魚)」がありましたので、ご紹介させて頂きます。


『のれそれ』

のれそれは、ここ何年かで知られるようになりました。
のれそれが、市場で見かけるようになると春だなぁ~と思い、見かけなくなると、もうそろそろ夏だなぁ~と思います。

ー料理法ー

酢の物、寿司が主流です。

酢の物の場合、お好みで、わかめ、きゅうり、万能ねぎ(あさつき)、もみじおろし又はしょうがなどをそえて、ポン酢で召し上がられても良いですし、しょう油にすだちなどのかんきつ類を絞って、召し上がられても良いと思います。
お好みです。

ー特徴ー

そのまま食べてみると、甘ったるい塩味がします。

食べてみると柔らかいのですが、ぷるんとして適度に弾力があります。

癖が無く、あっさりとしていますが深みのある味で、のどごしと食感が、たまりません!


食べる時は、一般的にさっと水洗いして食べます。
さっとゆでて(霜降り)食べても良いと思います。


ー名前の由来ー

アナゴの稚魚は、関西では、「べらた」高知県では「のれそれ」と呼ばれています。

「のれそれ」は漁師さんが地引網を引くと、高知県で有名なドロメ(鰯の幼魚)と一緒に網に掛かって来るのですが「ドロメ」は弱い魚ですので、網に掛かるとすぐ死んでしまい、網にくっついてしまいます。
その「ドロメ」の上に「乗ったり、それたり」しながら網の底の方へ滑って行く様子が「のったり、それたり」→「のり、それ」→「のれ、それ」→「のれそれ」と言うふうになり、「のれそれ」と言われるように、なったそうです。


今日は、のれそれの酢の物をつまみに、日本酒を飲んでいます。
この食感とのどごしが、たまりませんな~


Oisixに興味のある方!!紹介記事は、こちらからです!

テレビやマスコミでも話題!!管理人マッコリお勧めのOisixの、おためしセットは、こちらからどうぞ!


written byグルメ取寄情報管理人マッコリ
スポンサーサイト



2006/03/18


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。