旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

鯛(たい)

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆






鯛と言っても、いろいろな種類の鯛が、ございます。
主に、真鯛、黒鯛、黄鯛、へ鯛、血鯛、ひれこ鯛、黄ちぬなどです。

※石鯛、目鯛、金目鯛、いぼ(えぼ)鯛などは、鯛がついておりますが、違う種類の魚です。



今日は、今が旬の『真鯛』をご紹介させて頂きます。


※鯛は、姿も色も良いですし、生臭ささが無く、あっさりとしていますが、上品で旨味があります。

※タイ科ではない魚にまで「〇〇鯛」と言うくらいですし、古来から「海魚の王」と言われてきましたから!

良くことわざで、「腐っても鯛」とありますが、多少鮮度が落ちても、あまり味や臭いが変わらないところから、言われるようになりました。



真鯛の旬は、3~4月と晩秋から冬にかけてです。

特に、産卵前の3~4月が一番美味しいと、言われております。

瀬戸内海地方では、産卵前の美味しい時期と、桜の咲く時期がちょうど同じくらいなので「桜鯛」「花見鯛」と呼んだりしています。

また、産卵後のやせた時期は、麦の取り入れ時期と重なることから、「麦わら鯛」「落ち鯛」と呼んで区別したりします。



ー「鯛の特徴・料理法」ー

鯛は、くせや磯臭さがなく、多くの人に好まれる味です。

鯛は、頭や中骨、皮、真子、白子と使えるところが多く、ほとんど捨てるところがないです。


※身は、刺身、昆布じめ、焼き物、煮物、蒸し物、鍋物、酢の物など、料理の幅が広いです。

※頭やあらは、かぶと焼き、うしお汁、あら煮、ちり鍋にしたりします。

※皮は、湯通しして酢の物にしたりします。

※中骨は骨蒸しにしたりします。

※真子は、真子の含め煮、炊き合わせなどです。

※白子は、酢の物や鍋物に使ったりします。


洋食でも、いろいろな料理に使われます。
マリネ、カルパッチョ、バターソテー、ワイン蒸し、パイ包み焼き、ブイヤベース、香草と合わせてローストしたり、腹に詰め物をして蒸し焼きにしたりと、たくさんあります。


他に、鯛みそ、鯛でんぶに加工したりして、使われます。


そのほか、地方料理で、鯛ずし、鯛飯、鯛のから蒸しなど数多くあります。




今日は、鯛の刺身と昆布じめをつまみに、お酒を飲み、最後に鯛茶漬けでしめたいと、思います。
鯛の甘みと旨味が、昆布の旨味と上手く調和して、とてもやみつきになります。
そして、お酒がついつい進んでしまいます。あぁ~幸せ!今日も結局、飲み過ぎてしまいましたw
やっぱり、美味しい物を食べると、お酒が進んでしまいますw



Oisixに興味のある方!!紹介記事は、こちらからです!

テレビやマスコミでも話題!!管理人マッコリお勧めのOisixのおためしセットは、こちらからどうぞ!

written byグルメ取寄情報管理人マッコリ
スポンサーサイト



2006/03/30


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。