旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

わけぎ(ワケギ)

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆




▲クリックしてみてください▲
今日は、私の働いているお店に送られて来ました、有機野菜をご紹介させて頂きます。

今日は、ワケギをご紹介させて頂きます。


わけぎは、ネギとタマネギの雑種で関西より下(西)で栽培されます。
※ねぎと違って種をつくらず、地下の球(鱗茎(りんけい))で増えます。


関東の市場では、葉ねぎの仲間の分けねぎを「わけぎ」と呼びます。
※名前の由来は、鱗茎(りんけい)(地下茎の一種)が株分かれして繁殖するため、「分けとるネギ(分葱(わけぎ))」から名前がついたそうです。

古名は、冬葱(ふゆき)と呼ばれ、他にも地方では「ひともじ」と呼ばれています。



ー『料理法』ー

※わけぎは、ぬた、汁系の実、酢味噌和えなどの和え物、鍋料理、薬味などに良く使われます。

わけぎは、普通のねぎにはない歯ごたえ・香り・甘味・があり、ぬめりが少なく甘味が強いことから「ぬた」が代表的な食べ方として親しまれております。

切り口がとてもきれいなので、薬味としても良く使われますし、香りがネギほど強くないので、炒め物やサラダなどさまざまな料理に活用できます。


「関東は白い部分、関西は緑の葉の部分」を食べるといった、違いができ食文化ができあがっていたのです。東西自慢のねぎを、料理にあわせて使い分けるようになりました。



ー『特徴』ー

ねぎに似ていますが、全体に小ぶりです。
葉は細く円筒形で、濃緑色をしておりまして、ねぎより柔らかいです。

わけぎは、根もとの部分が少しふくらんでいるのが特徴です。ネギは種子栽培ですが、わけぎは球根栽培という違いもあります。

収穫時期は、秋から春にかけてで、葉が50㎝ほどに伸びたものを収穫します。





※見た目も使い道も似ている「万能ネギ」と「あさつき」と「わけぎ」ですが、どう違うのかよくわからない、という方も多いのではないでしょうか?
簡単に説明させて頂きます。


実は純粋にネギの仲間なのは「万能ネギ」だけで、「あさつき」と「わけぎ」は、玉ネギに近いそうです。


「万能ネギ」
京都の九条ネギの改良種なのです。青ネギ(葉ネギ)の一種で、博多ネギとも呼ばれています。香りや辛味は少なく、どんな料理にも合います。


「あさつき」
日本各地に自生している野生種を食用栽培したもので、ネギよりタマネギに近いです。香りが弱くさわやかですが、若干辛味が強いです。


「わけぎ」
わけぎは、ネギと玉ネギの雑種で、両方の種子から出来たネギです。柔らかくて刺激臭が少なく、独特の甘味があります。





今日は、近くのラーメン屋さんで、餃子をつまみにビールを飲みました。
最後に、ラーメンを食べて帰りました。
ラーメン・餃子・ビール・と定番ですが、お手ごろですし美味しかったです。
たまには、こういうのも良いですねww



Oisiに興味のある方!!紹介記事は、こちらからです!

テレビやマスコミでも話題!!管理人マッコリお勧めのOisixのおためしセットは、こちらからどうぞ!


written byグルメ取り寄せ情報管理人マッコリ
スポンサーサイト



2006/04/10


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。