旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

いわし料理(イワシ料理)

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆




▲クリックしてみてください▲

今日は、「いわしのなめろう」をご紹介させて頂きます。


以前、ご紹介させて頂きました、有機栽培の「わけぎ」も使ってみました。

ー[材料]ー

いわし…1~2尾(大きさによります)
しょうが…適量
わけぎ…適量(小口切りとみじん切り用)
大葉(しその葉)…2~3枚
ゴマ…適量
みそ…適量

※みそは、白みそ2:赤みそ8、の合わせみそです。

※ネギ類は、長ネギやタマネギ、万能ねぎ、あさつきでも良いです。



①いわしを、三枚に卸ろし、腹骨と皮を取り除きます。そうしたら、みじん切りにします。

※魚を捌くのが苦手な方は、お刺身をご利用されれば、簡単に作れます。


②次に、大葉・しょうが・わけぎの薬味類をみじん切りにします。

③味噌、いわし、薬味を合わせて、包丁で「ねばり」が出るまで、良く叩きます。

④ねっとりとしたら、出来上がり!盛り付けたら、わけぎとゴマをかけます。口当たりの良い、美味しい「なめろうの」完成です!!


※いわしは、小骨の多い魚ですので、「なめろう」に調理する事により、小骨が全く気になりません!!

刺身とは、一味違ったお魚の旨みと風味を楽しめる、美味しい漁師料理ですよ!

※他に、アジやサンマなど、いろいろな魚で、出来ます!



ー【なめろうの由来】ー

「なめろう」は、他に「沖なます」とも言います。


『なめろう』は千葉県の房総半島を中心とする郷土料理で、漁師料理として受け継れてきました。

※口当たりが滑らかで、あまりの美味しさに「皿までなめてしまう」と言われたことから「なめろう」という名前がついたそうです。

※味噌で味付けをするのは、漁師さんが船上で食べる時、しょう油ですと荒い波の時に、こぼれてしまう為です。沖で食べる為の漁師さんの知恵が生んだ料理です。

※なめろうは、その他になめろうを焼いた「さんが焼き」、ご飯になめろうを乗せて、お茶漬けにした「孫茶(まごちゃ)」、なめろうにお酢をかけて食べる「酢なめろう」など、いろいろな食べ方があります。



今日は、イワシのなめろうをつまみに、晩酌しています!!
なめろうとお酒が、合いますね!美味しいなぁ~
今日も、ついついお酒を、飲みすぎましたww


Oisixに興味のある方!!紹介記事は、こちらからです!

テレビやマスコミでも話題!!管理人マッコリお勧めのOisixの、おためしセットは、こちらからどうぞ!


written byグルメ取り寄せ情報管理人マッコリ
スポンサーサイト



2006/04/12


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。