旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

きす(鱚)

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆




▲クリックしてみてください▲
今日は、市場で見かけました、「きす」をご紹介させて頂きます。


※「きす」は、上品な軽い味の魚で、繊細で美しい魚です。「きすの最も美味しい食べ方は天ぷらだが、最もおいしい天種はキスではない。」と言われているそうです。
昔は江戸前の代表的な魚の一つでしたが、最近は漁獲量が激減して、高級魚の仲間になり、人々の関心から遠ざかりつつあります。


※「きす」の料理法は、刺身、焼き魚、フライ、和え物、酢の物、天ぷら、吸い物種、干物、 などです。

※天ぷら、刺身、一夜干が、お勧めです!!


お寿司も美味しいのですが、なかなか味わえません!!
これはなぜかというと、 「疫病よけに、神様の好きなキスを絶って願をかける。」という教えがあるからです。



ー[特徴・種類]ー

※旬は、晩春から夏です。

※初夏に旬を迎える代表的なものの一つで、「渚の貴婦人」「海の貴公子」また、「ゆかた美人」「海のあゆ」「砂浜の女王」などとも呼ばれています。


※「きす」は、地方で呼び名が違います。

キスゴ(関西以西)、キツゴ(長崎)、コツノ(播州・淡路)、ウデタタキ(淡路)、ハナマガリ(秋田)、アメノウオ(三重北部)などと呼ばれています。


※「きす」の種類は主に、白ぎす、青ぎす、ほしぎす、もとぎす、などです。

―[白ぎす]―

一般的に、きすと言いますと「白ぎす」をさします。
背側は、淡い黄褐色をしていまして、腹の部分は、銀白色です。
きす科の中で、最も美味しいと言われています。
北海道の北側以外の日本近海で穫れます。他に、朝鮮半島、中国、台湾、フィリピンなどで穫れます。
体長は、生後4年で15~20㎝まで、成長します。大きなもので、30㎝ほどになります。

―[青ぎす]―

白ぎすよりも、青みがかかっています。においは、少々青くさく、味も「白ぎす」には劣ります。

日本では、吉野川の河口や、大分、鹿児島近海に生息しています。


―[ほしぎす]―

「白ぎす」に似た体型をしてまして、体の色は淡い黄緑色、体側に黒い斑点が並びます。

日本近海では、奄美大島より南側、琉球諸島に生息しています。


―[もとぎす]―

「白ぎす」に非常によく似ている、熱帯性の「きす」です。
紅海から東南アジアの沿岸、南アフリカのインド洋などに、生息しています。
まあまあ、美味しいですけど、大味です。




今日は、久しぶりに「回転すし」に行きました。やはり、きすは無かったのですが、安くて美味しかったです。ビール1杯ですまそうと思いましたが、ついつい3杯飲んでしまいましたww

Oisixに興味のある方!!紹介記事は、こちらからです!

テレビやマスコミでも話題!!管理人マッコリお勧めのOisixの、おためしセットは、こちらからどうぞ!
スポンサーサイト



2006/04/15


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。