旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

あさり(アサリ)

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆




▲クリックしてみてください▲

今日は、「あさり」をご紹介させて頂きます。

市場に出回っているあさりが、やっと粒が大きくなってきました!!

私は、良く小さい頃に、4月の下旬から5月の中旬くらいに、潮干狩りに行っていました。
この時期になると、懐かしく思います。



―【料理法】―

―「和」―

主に、酒蒸し、味噌汁や吸い物などの汁物、ぬたなどの和え物、かき揚げ、佃煮、あさりご飯、深川なべや深川丼など、いろいろあります。


―「洋」―

白ワインで蒸し煮にしたり、トマト煮、クリーム煮、ブイヤベース仕立てなどにします。また、スパゲティのボンゴレなどパスタ料理にも使われます。
あさりは旨味がたっぷりなので、チャウダーやスープなとにもします。他にもいろいろ使われます。


―「中華・韓国系」―

煮物、炒め物、ちぢみ、スープなど、いろいろと良く使われます。



―【旬・流通】―

あさりは、一年中出回っていますが、夏が産卵で産卵期前の春から晩春が、殻一杯に身がぎっしりつまっていて、旬だと言われています。

東京湾、伊勢湾、瀬戸内海、有明海、などが主な産地です。


―【特徴】―

マルスダレ貝科の2枚貝です。貝殻は、布目で色々な模様があります。

アサリの名前は「漁(あさ)る」 からつけられました。


あさりは、淡水と海水の流れ込む河口付近を好む貝ですが、内湾の岸に近い汚れた砂泥地に生息する貝よりも、沖合いの水のきれいな場所に住む貝の方が、海の香りがして身が柔らかく美味しいです。

あさりは、貝類の主な旨み成分であるコハク酸とタウリンをたっぷり持っていて、それが旨みの成分です。

あさりは、初夏から初秋にかけて、食中毒を起こしやすいので、十分に加熱することです。

あさりの種類は、「あさり」「うちむらさき貝」「姫あさり」です。


―「あさり」―

潮干狩りでおなじみの種類です。

淡水のまじる河口や水深10cmほどの浅い海の砂泥底に5cmくらいのところにもぐっています。

色は、貝が若いものほど鮮明で、死んでしまうと茶褐色に変色します。


―「うちむらさき貝」―

あさりより大型で、市場では「大あさり」と呼ばれ、売られていることが多いです。

からの内側が濃い紫色をしていることから、呼ばれるようになりました。


―「ひめあさり」―

外見は、あさりと似ていますが、から、みともに小さく、外洋的な砂浜にすんでいます。


―「あさりの砂抜き」―

「あさりの砂抜き」は、本来の生存環境(育った・獲れた場所)の海水が、砂抜きの1番のコツです。
潮干狩りの場合、そこの海水を持ってきて、砂抜きするのがお勧めです!!


取れた場所の海水が無い場合、大きな平たいバットやタッパ、大きな鍋などにアサリが重ならないように一層(重ねないように)にならべます。

海水程度の塩水(3%)を入れますが、貝が水に全部もぐらないように、殻の7~8割ほどの量の塩水を入れます。

その上から、アルミホイルに竹串などで所々に穴を開けたものをかぶせます。

こうすることにより、かなり効率的に砂抜きができます。



今日は、浅蜊の酒蒸しをつまみに、日本酒を飲んでいます。
浅蜊の酒蒸しは、お酒に合いますね~
美味しいアサリと美味しいお酒!!とっても幸せ!!ww


Oisixに興味のある方!!紹介記事は、こちらからです!

管理人マッコリも使用してみました!テレビやマスコミでも話題沸騰のOisixの、おためしセットは、こちらからどうぞ!

スポンサーサイト



2006/04/23


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。