旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

仕事柄「毎日市場に行く料理人」の市場情報! 旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ!

旬・食材【魚介類・野菜・果物】料理レシピブログ

スポンサーサイト

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--

あいなめ

◆管理人マッコリお勧め!8月の旬はここをクリック!1杯飲みたくなりますよーw◆




▲クリックしてみてください▲

今日は、市場で最近良く出回っている、旬の「あいなめ」をご紹介させて頂きます。


「あいなめ」では?、あまり知られていないと思いますし、地方によって呼び名が変ります。

北海道では「あぶらこ」、東北では「ねう」や「ねうお」、石川県あたりでは「始終(シジュウ)」、関西では「あぶらめ」などと、呼ばれています。


―【特徴・旬】―


あいなめの名前の由来は、「アユに似ている」からだそうです。

清流の女王「あゆ」と、どこが似ているのかと、疑問な人もいると思いますが、もともとが鮎と同じように縄張りを持つ習性があり、形も似ていることから、名付けられたそうです。


※「あいなめ」は漢字で、「鮎並」あるいは「愛魚女」と書きますが、落アユの時期になると肌がザラザラとなるのと、アイナメの「ぎっしり並んでいるうろこ」におおわれた肌が似ているから、「鮎魚女」「鮎並」の字が当てられたようです。


北海道から九州までの、ほんの2~3mの水深から、せいぜい50メートル位までの浅い岩礁の海に生息しています。


あいなめは、地域や生息する場所によって色が違います。カメレオンのように場所によって体色を変える性質も持っているからです。


※中国地方(瀬戸内海)では、なにがなんでも食べたくなり、籾種(もみだね)まで売ってでも、手に入れたくなるほ旨い魚として、この地方ではこの魚を「籾種失い」と呼んでいます。

旬は、春から夏です!!特に晩春から初夏にかけて獲れるものは、瀬戸内海では「美味しい・旨い!!」と、称されて人気があります。


―【料理法】―

※あいなめは、白身でコリコリとして弾力があり、脂が乗っていて、鮮度の良い物は、刺身が絶品であります。また、焼き霜造りなどにします。

主に、唐揚げ・フライなどの揚げ物、煮物、ポワレ、バター焼きなどの焼き物、鍋物、味噌汁、開き干し、みりん漬け、粕漬けなどいろいろあります。
小さい物は、南蛮漬けにもします。

家庭で食べるのでしたら、おすすめは煮付けです!脂っこいが、蛋白な白身魚ですので、煮つけが美味しいと思います!



今日は、冷ご飯と残り物で、チャーハン(しょう油味の焼き飯)を食べました。スープ変わりに、アサリの味噌汁を飲みました!!
今日は、お酒を抜きましたww



日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
スポンサーサイト



2006/04/24


旬・食材【魚・魚介類・野菜・果物】料理レシピブログHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。